自宅で電気車を急速充電する6kW充電方法とは?株式会社catalystが詳しく解説

query_builder 2023/10/01
電気工事
A3FFE9DF-6A2B-4DFC-B52F-AA0F4C134DE7

はじめに

こんにちは、株式会社catalystのブログ担当です。今回は自宅で電気車を急速に充電するための「6kW充電方法」について詳しく解説します。住宅家電工事のプロとして、正確かつ安全な情報を提供します。


1. 6kW充電の対象者

バッテリー容量が40kWhを超える車を所有している方。
次の日の朝までに車を完全に充電したいと考えている方。

3kW充電器を使用すると、一晩で充電が完了しない可能性があります。特に出勤などで車を頻繁に使用する方には、6kW充電器がおすすめです。

2. 6kW充電の非対象者

Nissan SakuraやMitsubishi eK Cross EVなど、6kW充電器に対応していない車を運転している方。

3. 充電時間の計算

バッテリー容量を6kWhで割ることで、充電にかかる時間を簡単に計算できます。例えば、40kWhのバッテリー容量があれば、約6.7時間で充電完了となります。

4. 充電器のメーカーとスペック

信頼性のあるメーカーには、Panasonic、Kawamura Electric、Nitto Kogyo、Delta Teslaなどがあります。特に、Panasonic製(モデル番号DNH326)とKawamura Electric製(モデル番号SEC-AS)のスペックが詳細に説明されています。

5. 料金と設置

設置に必要な費用は電気配線、電力会社との契約、機器の価格によって変動します。そのため、地元の電気工事業者から見積もりを取ることが重要です。

6. 配電盤の確認

設置前に家の配電盤を確認してください。特に、40Aまたは50Aのブレーカーがない場合は、追加の工事が必要となる場合があります。

7. 需要制御機能

需要制御機能を持つ充電器も市場にはあります。これにより、家庭内の他の電気機器とのバランスを保つことができます。

まとめ

自宅での電気車充電は、正確な情報と適切な機器選びが重要です。6kW充電器は、特にバッテリー容量が大きな車や急速充電を希望する方におすすめです。信頼性のあるメーカーと地元の電気工事業者を選ぶことで、安心と信頼の充電環境を整えることができます。





NEW

  • 株式会社catalyst 正社員募集ブログ

    query_builder 2024/04/12
  • 株式会社catalyst 協力スタッフ募集ブログ

    query_builder 2024/04/07
  • 引越しに伴うエアコン工事

    query_builder 2024/03/24
  • 新年の挨拶

    query_builder 2024/01/01
  • 冬の間にエコキュートが故障する可能性が高まる理由と対策方法を紹介

    query_builder 2023/12/25

CATEGORY

ARCHIVE