家庭で安全・効率的にEVを充電するための「EVコンセント工事」ガイド

query_builder 2023/09/15
電気工事
IMG_4323

はじめに

電動車(EV)の普及に伴い、家庭での充電設備がますます重要になっています。今回のブログでは、"EVコンセント工事"や"家庭用EV充電設備"について詳しく解説します。特に"自宅でのEV充電"に必要なポイントや、"EVコンセント工事費用"についても触れていきます。


EVコンセント工事とは?

EVコンセント工事は、電動車を自宅で充電するための専用コンセントを設置する工事です。一般的なコンセントとは異なり、出力電力や安全性に特化した設計がされています。


なぜ必要なのか?

通常の家庭用コンセントでの充電は、ブレーカーが落ちるリスクや過熱、火災のリスクも考慮しなければならないため、専用のコンセント工事が推奨されます。


家庭用EV充電設備の費用

株式会社catalystでは、このような専用コンセントの設置にかかる費用は55,000円からとなっています。一般的には100,000円から400,000円程度が必要とされます。


自宅でのEV充電のポイント

 ・電力プランの選定: 電気代は高騰しており、特に2023年1月と2月には高額な電気代が予想されます。適切な電力プラン(例:Electric Power Smart Life L)を選ぶことが重要です。
・充電のタイミング: バッテリーの寿命を延ばすためには、20%以下になったら充電を開始し、80–90%で充電を停止することが推奨されています。


EVコンセント工事費用とその他のコスト

藤枝太郎さんが購入した日産リーフの40kWモデルは約410万円でした。一回の充電にかかる費用は500円から600円、そして一度の充電で約230km走行可能です。これを考慮に入れ、総所有コストを把握することが大切です。


まとめ

家庭でのEV充電は便利ですが、そのためには専用のコンセント工事が必須です。費用や充電のポイントをしっかりと把握して、快適なEVライフを送りましょう。

以上、株式会社catalystが提供するEVコンセント工事と家庭でのEV充電に関する総合ガイドでした。次回もお楽しみに。



NEW

  • 株式会社catalyst 正社員募集ブログ

    query_builder 2024/04/12
  • 株式会社catalyst 協力スタッフ募集ブログ

    query_builder 2024/04/07
  • 引越しに伴うエアコン工事

    query_builder 2024/03/24
  • 新年の挨拶

    query_builder 2024/01/01
  • 冬の間にエコキュートが故障する可能性が高まる理由と対策方法を紹介

    query_builder 2023/12/25

CATEGORY

ARCHIVE